アミューズグループの強み 印刷する

エンターテインメント業界におけるアミューズグループの強みは、まず第一に、エンターテインメントの源泉であるアーティストマネージメントを中核としたビジネスモデルを展開している点であるといえます。

定期的なオーディションの実施や全国にネットワークをもつ新人発掘の仕組みを活用し、長期にわたり、ミュージシャンや俳優、タレント、文化人、モデル、キッズなど様々なジャンルのアーティストを発掘・育成してまいりました。

アーティストの様々な活動をマネージメントするアーティストマネージメントを柱に、映画やTV番組などの映像制作や、コンサートや舞台の制作、各種アーティストグッズの制作など、アーティストから派生するビジネス全般を手がけ、数多くの良質なコンテンツを創り続けております。

近年、ユーザーの音楽や映像の楽しみ方が変わり、以前ほどパッケージが売れなくなってまいりましたが、一方で、コンサートや舞台などの人気は高まっております。

アミューズグループでは、数年前より、このデジタル化の時代にこそ、敢えてアナログな「ライブ」の価値を高めるため、「ライブイズム(ライブ至上主義という意味の造語)」をスローガンに、ミュージシャンのコンサートはもちろん、所属俳優たちによるオリジナル舞台制作や海外舞台の招聘など、積極的にライブビジネスを展開してまいりました。

その成果は顕著に出ていて、アミューズグループのイベント収入(チケット、グッズなどステージ関連)は、高水準で推移しております。

アーティストグッズに関しては、デジタル化による効率化も図っております。コンサート・公演会場での直接販売に加え、メディアの発達により、自社オンラインショッピングモール「アスマート」や携帯サイト「アミューズモバイル」など販売チャンネルを増やすことで、順調に売上を伸ばしております。

一方、DVDなど映像ソフト販売を手がけるアミューズソフトエンタテインメント(株)はパッケージの売上が減少傾向にありましたが、近年、アミューズグループのシナジー効果を発揮し、アミューズ所属アーティストが出演する作品の取り扱いを増やすことで、業績が回復しております。

現在、アミューズグループでは、アーティストマネージメントを中心に、映像制作・販売、テレビ番組制作、舞台制作、海外舞台招聘、音楽レーベル、アーティストグッズ制作、さらにはミュージアムや飲食店の運営、人材育成コンサルティング、ライブ・ビューイングなど、様々な事業を展開しております。

総合エンターテインメントグループとして、アミューズグループならではのシナジー効果を十分に発揮しつつ、引き続き、優良なコンテンツを創出し、保有コンテンツを有効利用することで積極的に事業展開をはかり、更なる発展を目指します。