今期の計画 印刷する

(単位:百万円)

  2011年
3月期
2012年
3月期
2013年
3月期
2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
  実績 実績 実績 実績 実績 実績 実績 実績 計画
営業収入 計 26,123 31,776 30,871 33,770 39,208 48,924 50,647 47,283 48,370
営業利益 2,161 3,564 4,092 3,644 3,924 5,983 5,361 3,342 3,100
営業利益率 8% 11% 13% 11% 10% 12% 11% 7% 6%
アーティスト
マネージメント
16,620 24,095 24,175 27,254 30,431 41,349 43,494 40,969 41,900
メディア
ビジュアル
7,244 5,527 4,540 4,072 5,866 2,238 1,712 1,479 1,570
コンテンツ 2,259 2,152 2,156 2,336 2,488 2,631 3,202 2,561 2,570
プレイス
マネージメント
106 420 2,704 2,238 2,272 2,330
※ 百万円未満切捨て
※ 2019年3月期計画は2018年5月11日発表のものです。

当社グループの今期の業績見通しは、営業収入483億7千万円(前年同期比2.3%増)、営業利益31億円(前年同期比7.3%減)、経常利益32億円(前年同期比1.2%減)、親会社株主に帰属する当期純利益32億2千万円(前年同期比70.6%増)を計画しております。

アーティストマネージメント事業

営業収入は当期と同程度となり、営業利益は減益となる計画です。

[主な事業]

・イベント収入

<コンサート>
福山雅治(4-5月)、ONE OK ROCK(4月)、Perfume(5月)、ポルノグラフィティ(4月、9月)、SEKAI NO OWARI(4-6月)のコンサートツアーなど
<舞台・公演>
地球ゴージャス(4-7月)など

・出演収入・CM収入

三宅裕司ホラン千秋大泉洋佐藤健など

・印税収入(新譜)

桑田佳祐 DVD、星野源 DVD、ONE OK ROCK DVDなど

・ファンクラブ収入・商品売上収入

福山雅治のファンクラブ会員収入、グッズなど


<営業収入>

当期と同程度となる計画です。

<セグメント利益>

楽曲販売環境の変化(サブスクリプションの台頭)を受けて、利益率の高い印税収入を保守的に見通したことや、コンサートツアーの制作費の増加などにより減益となる計画です。

メディアビジュアル事業

増収増益となる計画です。

[主な事業]

・映像作品販売収入

「探偵はBARにいる3」(6月)などのDVD販売収入

・映像製作収入

佐藤健主演映画「8年越しの花嫁」、DEAN FUJIOKA主演映画「海を駆ける」などの劇場配給分配収入

<営業収入>

取扱い作品の増加などにより増収となる計画です。

<セグメント利益>

事業の収益性改善により増益となる計画です。

コンテンツ事業

営業収入は当期と同程度となり、営業利益は増益となる計画です。

[主な事業]

サザンオールスターズ福山雅治BEGINONE OK ROCKPerfumeなどによる旧譜楽曲の販売及び旧譜楽曲の二次使用

<営業収入>

楽曲販売環境の変化がある一方で、CMなどによる旧譜楽曲活用もあることから当期と同程度となる計画です。

<セグメント利益>

楽曲の構成などにより増益となる計画です。

プレイスマネージメント事業

当期と同程度となる計画です。

[主な事業]

・東京ワンピースタワー、アミューズミュージアムの入場料収入、グッズ販売収入

<営業収入>

当期と同程度となる計画です。

<セグメント利益>

当期と同程度となる計画です。