アミューズグループのポジション 印刷する

ライブビジネス

順調に拡大しているライブ市場に比例するように、アミューズグループのライブ関連収入も中長期的には好調に推移しているといえます。

(出典:コンサートプロモーターズ協会:基礎調査報告書より加工)※コンサートプロモーターズ協会のデータは正会員社のみのデータになります。※アミューズグループの数値は決算年度(3月期)になります。※「アミューズグループのイベント収入額」には、コンサート・演劇・イベントなどステージ全般のチケット収入とグッズ収入が含まれます。

出演・CMビジネス

2011年以来広告市場は増加傾向にあり、アミューズアーティストの出演収入・CM収入も高水準で推移しています。

(出典:電通:統計資料より加工)※アミューズグループの数値は決算年度(3月期)になります。※「アミューズグループの出演収入・CM収入額」には、CM収入のほかに、TV映画などの出演料収入が含まれます。

印税ビジネス

CD市場の縮小や配信市場の拡大などメディアが激変する中、日本音楽著作権協会(JASRAC)の音楽著作権使用料徴収額は堅調に推移しております。アミューズグループの印税収入も一定水準を保っております。

(出典:日本音楽著作権協会(JASRAC):統計資料より加工)※アミューズグループの数値は決算年度(3月期)になります。

映像ビジネス

アミューズグループのメディアビジュアル事業は、ビデオソフト市場の縮小におよそ比例して縮小しており、2009年には市場規模にあったサイズにDVD販売事業の規模を縮小するとともに、アミューズソフトエンタテインメント(株)の事業再編を行いました。
それ以降、アミューズグループのシナジー強化を意識し、アミューズアーティスト出演作品の取り扱いを増やしておりましたが、2015年3月にアミューズソフトエンタテインメント(株)の吸収合併を行い、機能統合による更なる効率化、事業の迅速化を行っております。

メディアビジュアル事業の業績とビデオソフト市場の推移(出典:日本映像ソフト協会:統計資料より加工)※アミューズグループの数値は決算年度(3月期)になります。