IRポリシー 印刷する

基本方針

当社は適時開示に関する規則を遵守することに加え、あらゆるステークホルダーの当社グループに対する理解促進を目的に、重要な会社情報の公正かつ適時・適切な開示に努めます。

情報開示方法

適時開示に関する情報開示は、東京証券取引所の適時情報開示システムTDnetにて行った後、速やかに当社ホームページへの掲載を行います。同時に各報道機関へのFAXやメールなどでの情報提供(プレスリリース)を行います。
また、適時開示に該当しない情報の開示につきましても、当社ホームページへの掲載やプレスリリースなど、適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に開示いたします。

業績予想、将来の見通しについて

当社が発表する将来の業績予想や将来の見通しに関する事項は、当社が発表時点で入手可能なデータに基づき作成しております。従って、将来、実際に公表される業績等は、これらの業績見通しとは大きく異なる結果となる場合がございます。

IR自粛期間

当社は決算情報の漏洩防止のため、各四半期の決算発表日から遡る2週間をIR自粛期間とさせていただいております。
この期間中は決算内容に関するコメントを控えさせていただきます。
ただし、自粛期間中に業績予測等に大きな変化が見込まれる場合や重要事実が発生した場合には、速やかに情報開示を行います。