ごあいさつ 印刷する

代表取締役会長 大里洋吉

より魅力ある日本へ―文化発信を使命として

平素よりアミューズグループに格別のご理解とご支援を賜り、心よりお礼申し上げます。

2013年に年間1000万人を突破した訪日外国人観光客数は、昨年は約3000万人まで達し、まさに「インバウンド」が日本経済に大きな影響力を持つようになっています。そのような状況の中、時代は、「モノ消費」から「コト消費」へとシフトし、日本を訪れる外国人観光客からも、日本での「コト消費」は大きな注目を浴びています。しかしながら、日本には、神社仏閣、和食や温泉などを除いて、魅力的な「コト」が十分に育っていないのではないでしょうか? また、海外向けの情報やチケットアクセスなどのインフラもまだまだ整備されていないのが現状だと考えています。

そのような中、インバウンド機運に先駆け、2015年に「東京ワンピースタワー」をオープンしました。海外でも非常に人気の高いアニメコンテンツである『ONE PIECE』をテーマとした大型常設テーマパークで、アトラクション、ライブショー、映像シアター、レストラン、オリジナル限定グッズが買えるショップ等を、東京のシンボルとされる東京タワーで展開しており、昨年度は来場者の約3割が外国からのお客様となっています。しかしながら、日本がより魅力的な観光立国となるためには、自社、または一つのコンテンツだけでのインバウンド対応では間に合いません。今こそ、国や地方行政、他社と協力することで、日本における文化の集積地をつくり、いつ来ても楽しめるロングランの「コト」を生み出していくことこそが重要なのです。まさに、「コト消費」という視点からも、日本の文化そのものをブランディングしていく必要があると実感しています。

アミューズは創立以来、アーティストを中心に質の高いエンターテインメントを生み出し、多くの方々に「コト」を届け、「コト」を楽しむ瞬間を提供させて頂いております。この長年の経験を活かし、「日本」の文化発信の一翼を担いたいと願っています。「文化を創り、文化を届ける」、このことを使命とし邁進するアミューズに、より一層のご支援とご理解を賜りますよう、引き続きよろしくお願い申し上げます。

2018年6月

代表取締役 社長執行役員 畠中達郎

エンターテインメントでグローバル新時代を牽引

はじめに、日ごろよりアミューズグループ及びアーティストに温かいご支援を賜り、心よりお礼申し上げます。

1978年に、創業者である大里を中心に数名でスタートしたアミューズが、現在では社員、アーティストともに約400名となり、海外にも拠点を持つ大きな所帯になっていることに感慨と責任感を覚えています。私たちを取り巻く環境は大きく変化し続けておりますが、アミューズのビジネスの根幹はアーティストです。才能あるアーティストを発掘・育成し、その作品を通して皆様に感動をお届けしていくという私たちの使命に何ら変化はありません。しかしながら、所属するアーティストも多様化し、その作品を届ける方法も、また受け取る側の価値観も激変する中、時代の半歩先を行くことは簡単ではないと実感しています。

数年前に私が米国現地法人Amuse Group USAと始めました「J-CREATION」というプロジェクトは、日本の優れたエンターテインメントコンテンツをハリウッドのメジャースタジオやTVネットワーク、制作会社等へ紹介し、海外ビジネスとマッチングさせることを目的としています。年に一度のロサンゼルスでのイベントには日米双方より多くのご参加を頂き、その中から日本の原作をもとにした映画化の企画も出てくるなど着実に成果が出ております。

このように、アミューズが世界への窓口となり、自社のみならず、日本のコンテンツを紹介する橋渡しができていることは非常に意味深く、新しい取り組みであると自負しています。と同時に、2020年という記念すべきオリンピックイヤーが目前となり、日本そのものに興味を持ち、観光にやって来る非常に多くの外国人の方々に、何を提供することができるのかということが、まさにアミューズグループの今後の方向性を示す重要な課題になるのではと考えております。

足元を見つめつつも、アミューズとして、常に力強く、大胆に挑戦してまいりますので、ぜひご期待ください。そして、これからも、私共が送り出すアーティストや、様々なコンテンツが、皆様の生活に彩りを添えることができるよう努力してまいる所存です。今後ともより一層のご支援とご理解を賜りますよう、引き続きよろしくお願いいたします。

2018年6月